プロジェクト

首都圏ネットワークが進化します

東京外かく環状道路は、都心から約15kmの圏域を環状に連絡する延長約85kmの道路であり、首都圏の渋滞緩和、環境改善や円滑な交通ネットワークを実現する上で重要な道路です。関越道と連絡する大泉JCT~高谷JCT間の約49kmが開通済であり、現在、関越道~東名高速間の約16kmが事業中です。
関越道から東名高速間は、国土交通省、東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株) が共同して事業を進めています。

◆※1 R2財政投融資活用予定箇所
◆※2 用地取得等が順調な場合
◆開通見込み年度は2020年1月21日時点